スーツの小ネタ - 脱いでから語れる、ベストの背中【質感も環境にも良いキュプラ裏地で】

交通アクセス交通アクセス

11:00~21:00 (予約制)
079-240-6401

空き状況を見る

お問い合わせ

鳥形の紳士服ブログ

脱いでから語れる、ベストの背中【質感も環境にも良いキュプラ裏地で】

脱いでから語れる、ベストの背中【質感も環境にも良いキュプラ裏地で】
スーツの小ネタ

スーツは英語表記でSUIT(一つ揃い)。

 

何が揃っているのか。

それは調和するためのものが揃っているということでジャケットにベスト、スラックス、シャツ、ネクタイなど全体のスタイルを指していました。

それが時代とともに変化してベストが無くてもスーツと呼ばれるように。これはジャケットとスラックスだけでも調和がとれていると判断された裏返しで、ベスト付きのものが三つ揃いと呼ばれるようになりました。

現在はネクタイを絞めなくてもスーツと呼ばれるまでに簡略化されていますよね。

時代によってスタンダードが変わってくるのは当然といえば当然ですが、ネクタイまでないのは少し寂しく感じている私です。

 
 

ベストこそオーダー

さて、本日はネクタイでなくベストの小話。

当店でオーダーされる方は三つ揃いにご興味のある方が多いです。

”正統派を求められる”ということだけでなく、単純に見た目の格好良さからお選びいただくことも多いです。

ベストを着るメリットとしては、シャツが見える面積が少なくなることでしっかりとしたちゃんとした印象を持ってもらえ、誠実な自分をプロデュースすることができることです。

またジャケットを脱いでも様になります。ウエストコートとも呼ばれることを考えるとベストは上着扱いということですね。ベストが無くてスラックスにシャツだけだとスポーティさが出すぎてしまい、ビジネス感が薄れてしまうように感じます。

反対にベストのデメリットとしては、夏は暑かったり、一枚着るものが増えることでしょうか。

 

ベスト裏地をキュプラ素材で

ベストはジャケットよりも、身体とのゆとりを少なくする必要があるので、自分に合ったものはオーダー以外ではなかなか出会うことができません。

バストのふくらみからウエストにかけてクビレさせることで、男性らしい逆三角形を作りあげることができます。

 
 

ベストの背中にもこだわりを

ベストの背中は通常、キュプラやポリエステルといった素材が用いられ、ジャケットを羽織った際の引っ掛かりがないように配慮されています (当店は環境に配慮された再生繊維であるキュプラのみの使用) 。

一般的にジャケットの裏地と同じシンプルなものが使われることが多いのですが、そこはオーダースーツ。

裏地を柄に変えて、ベストの背中も柄のままにすることも可能。

脱いだ時に見えるこだわりの一つですね。

 

ベスト裏地をキュプラ素材で

いかがでしょう。

とても格好良いですよね。

これ私本人なのですが背中で語れていますか?

 

・・・

 

はい。

どうやら語れていないようなので、経験を積んで邁進してまります(笑)

このようなペイズリー柄や小紋柄がシックで使いやすいのですが、当店にはエッジの効いた柄もたくさんご用意しております!

まず、人と被らないであろうイタリア製の裏地です。

この他にもたくさんご用意しておりますので、ご興味がでてまいりましたら下記URLよりチェックしていただけると幸いです。

ベスト裏地をキュプラ素材で

ベスト裏地をキュプラ素材で

https://egret-suit.com/blog/news/20201007

紳士服ブログ TOP


スーツの小ネタの関連記事

スーツの小ネタ TOP