スーツの小ネタ - 【SDGs】姫路のスーツ屋の取組み。プラスチックハンガーを木製ハンガーへ移行します

交通アクセス交通アクセス

11:00~21:00 (予約制)
079-240-6401

空き状況を見る

お問い合わせ

鳥形の紳士服ブログ

【SDGs】姫路のスーツ屋の取組み。プラスチックハンガーを木製ハンガーへ移行します

【SDGs】姫路のスーツ屋の取組み。プラスチックハンガーを木製ハンガーへ移行します
スーツの小ネタ

SDGs (エスディージーズ) って聞いたことがありますか?

最近、テレビや雑誌 (20代向け女性ファッション誌でも!) 取り上げられているので、聞いたことがあるという方も多いのではと思います。

SDGsとは、サスティナブル・デベロップメント・ゴールズの略で、持続可能な開発目標という日本語訳になっています。

簡単にいうと、より良い世界を持続させていくために定めた17個の大目標と、それを区分けした169個の小目標 (重要度が小さいという意味ではない) を2030年までに達成しようという全世界単位での取組みです。地球・世界規模の非常に大きな話で、これに向けて一人ひとり取組むことが大切だと思います。

 
 

木製ハンガーへの移行

EGRETは、現在も取組めている事、これから取組む事を精査しながら店舗づくりをしています。その内の一つとして、今回プラスチックハンガー、プラスチックボタンを使用しない事を決めました。

今まで仕上がったスーツはプラスチックハンガーでお渡ししていましたが、木製ハンガーに変更いたします。またプラスチックボタンも今後使用せず、水牛ボタンやナットボタン、シェルボタン等代替となる環境に配慮されたボタンを使用していきます。

 
 

プラスチックは便利です

プラスチックは非常に便利な素材です。丈夫で空気や熱も通しにくく、様々な形に簡単に加工することができる。しかも安価で作れるので様々な物に活用されています。

しかし、その手軽さもあり海へのプラスチックごみの問題が深刻化しています。

現在、海に存在しているプラスチックごみの量は1億5,000万トンと言われ、毎年少なくとも800万トンごみが増え続けています (800万トンは、ジャンボジェット5万機相当またはスカイツリー222基相当 !!) 。

とてつもない数ですよね。これが増え続ければ、2050年には魚の量よりもプラスチックごみの方が多くなるなんて試算もあります。

プラスチックは波などの影響を受け、分解されずに5mm以下のマイクロプラスチックになっていき、それを食べてしまう魚、その魚を食べる私達の身体の中に蓄積していきます。問題は魚だけではないという事です。

これを聞いた時、私はとてもショックでした。

 

小さなことでも良いからまずは第一歩を踏み出そうと、プラスチックをなるべく使用しないようにと考えました

参照:https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/3776.html

 
 

姫路のスーツ屋のSDGs

木製ハンガーへの移行はEGRETとしての第一歩です。

ハンガーは同じ兵庫県にある中田工芸さんで作っていただきました。中田工芸さんもSDGsを意識して取り組まれていて、“環境に配慮した責任あるハンガーづくり”をされています。

材料には「森林資源の循環活用」の仕組みが確立されているブナ材を使い、サスティナブルな資源を無駄なく有効活用することで環境負荷を抑えたものづくりをされています。

参照:https://www.nakatahanger.com/sdgs/

 
 

プラスチックボタン、プラスチックハンガーを一切使用しない。

これは小さな店舗だから出来る事かもしれませんし、与える影響は軽微なものかもしれません。しかし、一人ひとりが考え行動していくことが地球のため、ひいては私達のためになっていくことだと信じて今後もSDGsを取組んでまいります。

SDGsの目標:12 『つくる責任とつかう責任』
SDGsの目標:14 『海の豊かさを守ろう』

 
 

環境に配慮した生地もございますので、是非こちらのブログもご覧ください。

タリア・デルフィノの新たな可能性。蜜蝋 (みつろう) を使ったスーツ生地『ハニー ウェイ フィニッシュ』

タリア・デルフィノ、ハニーウェイフィニッシュ

紳士服ブログ TOP


スーツの小ネタの関連記事

スーツの小ネタ TOP