お客様の写真 - FOX BROTHERS (フォックスブラザーズ) フォックスシティのオーダージャケット

交通アクセス交通アクセス

11:00~21:00 (予約制)
079-240-6401

空き状況を見る

お問い合わせ

鳥形の紳士服ブログ

FOX BROTHERS (フォックスブラザーズ) フォックスシティのオーダージャケット

FOX BROTHERS (フォックスブラザーズ) フォックスシティのオーダージャケット
お客様の写真

こんばんは、姫路のスーツ店EGRETの鳥形です。

本日の姫路市は雪がちらつく天気となりました。

ブログを見てくださっている皆様がお住いの地域も寒い日になったと思います。Yahooニュース曰く明日も今日ほどではないにしろ寒くなるようなので、しっかりとコートを羽織って風邪などひかれぬようご注意くださいね。

 
 

さて、本日はお客様のスーツのご紹介。

スーツづくりにおいて、お客様の醍醐味といえば生地選び。

体型に合わせたシルエットづくりや生地、ディテールのご提案はテーラー側によるものですが、最終判断はお客様。スーツの表情は生地によるものが大きいので、どういった生地を最終お選びいただくかはとても大切です。

 
 

なぜFOX BROTHERS (フォックスブラザーズ) は選ばれるのか?

FOX BROTHERS (フォックスブラザーズ) といえば、1772年英国で創業した超老舗生地ブランド。FOX=フランネルと呼ばれていた時期があるように、フランネル素材を得意としており、メンズファッション史における重要人物、ウィンザー公 (エドワード8世) や洒落者で知られたチャールズ首相が愛していた紳士のあこがれのブランドです。

英国のテーラー街サヴィルロウにおいて、フォックスブラザーズの生地バンチを置いていないところは存在しないでしょう。

加えて現在のフォックスブラザーズは、代表にダグラスコルドーさんを迎え、伝統と革新をテーマとしたクラシカルでありながら斬新な生地コレクションを展開しています。

 

20210218_photo01.JPG

その中でも2020-21年秋冬コレクションの最新作、FOX CITY (フォックスシティ) は、当店でも注目の生地バンチ (見本帳) です。目付290~320gのしっかりと打ち込まれた平織りの生地。スモーキーでありながら豊富なカラーバリエーションの生地ラインナップが美しいです。

 

20210218_photo02.JPG

お客様がこの中から今回選んだのは、英国的なグレーのグレンチェック柄。ジャケパンでも着用できるよう、随所にカジュアルなディティールを盛り込んでいます。

写真で注目いただきたいのが、袖付けの部分。ところどころボコボコとなっているのが分かると思いますが、これはマニカカミーチャと言い、ゆき綿 (袖を立体的に見せる副資材) を排して、縫い代を通常とは逆の身頃側に倒した仕様です。

こうすることで、シャツのような柔らかな肩から袖へのラインとなり、カジュアル感が増していきます。シャツでもそうですが、ガッチリしているものってかしこまり過ぎてカジュアルに着にくいものです。

 

20210218_photo03.JPG

衿からフロント、ポケット部分などにステッチを打つのですが、通常コバという縁部分を縫う所0.7mm巾に設定しています。これもカジュアル感がでる仕様です。

 

お客様には大変気に入っていただけ、その場でイタリア生地を使用したスーツをオーダーいただけました。こうやって追加で注文をくださるのは、認めてくださっている証でもあるのでとても嬉しくなります。

オーダースーツEGRETでは、その方らしいスーツをお作りするためヒアリングに重きを置いています。一度のご来店でだいたい1.5~2時間程度お時間をいただきますので、お手数をおかけするのですがご来店の際はご予約をお願いいたします。

一人ひとりのお客様に対して、しっかりとご対応するためですので何卒ご理解ください。気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

紳士服ブログ TOP


お客様の写真の関連記事